• HOME >
  • レジェンド杉山和一

キューブ レジェンド杉山和一 

鍼の皮膚への刺入方法 (しにゅうほうほう) には、撚鍼法 (ねんしんほう) と管鍼法 (かんしんほう) という技法があります。

撚鍼法は、なにも使わず鍼のみを皮膚に立てて直接刺し入れる方法です。
管鍼法は、鍼より短い管を使いその管に鍼を入れ少し出た鍼の頭を叩いて皮膚に叩き入れる方法です。

撚鍼法は中国より伝わり、管鍼法は杉山和一が考案した日本の技法で、刺すのではなく叩き入れるのでリスクが少なくほとんど無痛です。この管鍼法を思い付いた杉山和一の伝説があります。

江戸時代1610年 (慶長15年) 、伊勢国安濃津 (現在の三重県津市) の藤堂藩士 杉山権右衛門重政の嫡男 (ちゃくなん) として杉山和一は生まれます。

和一は武士の道を歩んできましたが、幼少期に流行病 (天然痘) にかかり失明します。
武士をあきらめ鍼医術師の道に進みます。江戸に行き弟子入りして修行に励むのですが、不器用でのろまで物忘れの多い和一は技術が身つかず破門されてしまいます。

和一は技術の向上のため、ご利益があると噂の江ノ島弁財天 (神奈川県藤沢市) に願掛けに行きます。

小田急線片瀬江の島駅小田急線片瀬江の島駅

参道2参道

江島神社江島神社

弁財天弁財天

中津宮中津宮

奥津宮奥津宮

願掛けが終わった帰り道、石につまずき転んでしまいます。その時、わらをもつかむ気持ちで「葉っぱにくるまれた松葉」を握りしめます。
それを見て鍼を管に入れ叩く方法、つまり「管鍼法」を思いついたのです。その後「管鍼法」を練習をし鍼技術がみるみるうちに上達していきます。

福石福石

和一75歳の頃、五代将軍の徳川綱吉公がぶらぶら病 (現在のうつ病) にかかってしまい、あらゆる治療を試しますが一向に治りません。綱吉公は和一の噂を聞き鍼治療をしてもらうことになります。
綱吉公のぶらぶら病は和一の数回の鍼治療で治ってしまいます。治療の御礼として和一は本所(東京都墨田区)に豪邸をもらい、盲人としては最も位の高い関東総検校に任命されます。
その後、和一は1695年(元禄8年)6月26日に85歳でこの世を去りました。

杉山江島神社杉山江島神社(東京都墨田区)

現在、本所の豪邸跡の一部には、杉山江島神社が建てられ和一が祭られています。そして、2016年4月に鍼の資料館も出来上がりました。

クローバー鍼灸院

住所
横浜市泉区緑園2-16-5
電話番号
045-814-5328
診療日時
土曜 日曜 往診のみ
9時ー12時 14時ー19時